海外で快適に過ごすために

海外で快適に過ごすためにこころがけたいこと

1 うがい 手洗いの励行
当たり前ですが、外出から帰ったら、まずうがいと手洗いをしましょう。
手洗いは爪の間もきちんとしましょう。これだけでちょとした風邪は予防できます。外出していなくてもお部屋が乾燥しているようならマメにうがいするのは効果があります。

2 生ものは避ける
衛星面でやや心配な渡航先は、生肉 生魚 生水だけでなく、ジュースに入っている氷にも気をつけて、加熱食材を選びましょう。

3 十分な休息 睡眠をとる
健康に自信がある人でも、海外旅行では、
つい興奮してなかなか寝つけなかったり
スケジュールが過密で、無理をしがちです。
休養をこまめにとって十分に旅行を楽しみましょう。

4 虫さされに注意
マラリアや黄熱病、テング熱、などは蚊や虫から感染する危険があります。
虫除けや長袖の上着、長ズボン、帽子などで予防しましょう。


5虫歯は渡航前に治しておく
まだ痛まないから、大丈夫と虫歯を治療しないまま、飛行機にのると
気圧の変化や現地の気候などにより、体調の変化で急に痛みだすこともあります。海外で日本と同じレベルの虫歯治療を受けることは難しいし費用も時間もかかります。事前にきちんと治療しましょう。

6こまめに水分補給を
日射病や熱射病の予防のためにも水分をこまめに取りましょう。
通常より少し多めが目安です。
血液も水分が少なくなると濃くなって流れが悪くなります。
粉末スポーツ飲料をミネラルウォーターに溶かして飲むのもお勧めです。
喉の乾燥はカゼの予防のためにも気をつけたいです。

7 無理をしない
下痢や嘔吐、高熱、めまい、出血などの症状には十分注意しましょう。
軽い頭痛などの症状も放っておかずに、ホテルのクリニックで診てもらうことをお勧めします。
同行の人に迷惑になるからと無理をしていると体調がますます悪化し、
後々、迷惑をかけることになりかねません。
無理をして予定にあわせるより、残念でもホテルで1日ゆっくり過ごす方がよい場合があります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。