韓国の医療事情

韓国への留学 駐在
 韓国の医療制度

医療保険制度は、公務員医療保険(公務員、教職員)、職場医療保険、地域医療保険(都市自営者、農・漁民)に分かれ、373の組合で構成・運営しており、それを保険福祉部が指導・監督、保険者団体として医療保険連合会が設立され、運営に当たっています。
保険料は公務員が月給3.8%(国が半分負担)、民間の破雇用者3%(雇用者半分負担)で、医療費は20%が自己負担となります。
 外国人が韓国企業に勤務する場合は、原則として職場の医療保険に加入できますが、実際には難しいため、事前に海外旅行保険に入る方が無難です。

 ソウル
1.かかりやすい病気

 肝炎や結核は70年代まで徹底した健康診断と予防対策が取られなかったことからウイルス保持者が多く、依然感染率が高くなっています。
 夏場には食中毒が起きやすいほか、4〜5年前からコレラも発生しています。
 HIVウイルス感染者は95年末の数値で521名と報告されていますが、実際にはこの3〜5倍に上るといわれています。
 そこでテレビ、新聞、雑誌などの政府広告を通じて国家レベルで啓蒙活動を行なっています。

2.衛生事情
 街なかは日本とあまり変わらず、比較的清潔です。
 水道の水は煮沸すれば飲めますが、慣れない旅行者は「エヴィアン」「石水(ソクス)」「プルムウォン・センムル」など、ミネラルウォーターを利用する方がよいでしょう。

3.薬の買い方と薬局

 ほとんどの薬は処方箋なしで買うことができます。
 街なかには薬局がたくさんあり、薬剤師が常駐していて、症状を言うとその場で調剤してもらえます。
 薬は1回分や1日分などバラ売が普通で、風邪薬は「サンガムタン」「パンピリン」、鎮痛剤は「タイラノール」などが一般的です。
 日本の薬を買うことはできませんが、「正露丸」などほぼ同じものが売られています。

緊急時の連絡先
 112または113(警察) 119(消防・救急)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。