香港の医療事情

香港
 香港の医療制度

公的医療保険はありませんが、通常会社が保険に加入し、従業員が3割負担程度で医療を受ける仕組みになっています。
日本からの駐在員や留学生の場合、事前に個人賠償や幅広くカバーする
海外旅行保険に加入しておく方がよいでしょう。

 
1.かかりやすい病気
 冷房のきいたレストランやビルの中に長くいると、外気との温度差が大きいため風邪をひきやすく、また大気染から喉を痛めるケースが多数あります。
 夏期には食中毒が流行するので、屋台で魚介類を食べる時には注意が必要です。
 また感染症としては生水から肝炎にかかる場合が多く、予防注射を受けておく方がよいでしょう。
 HIVウイルス感染者は年々増えており、現在130人が報告されています。
 政府レベルでドラムの看板などを使い、予防のためのキャンペーンを実施しています。

2.衛生事情

 習慣による違いが多く見受けられますが、衛生感覚が日本人と大きく異なっているわけではなく、特に新しくできたショッピングセンターやホテルは清潔です。水道の水は煮沸すれば飲めますが、水そのものより水道管に問題があるといわれています。
飲料用には「ワトソンズ」「清涼
エヴィアン」などミネラルウォーターを利用する方がよいでしょう。

3.薬の買い方と薬局
 日本と同様に、たいていの薬は買うことができます。
 薬局は日用雑貨を一緒に扱っている所が多く、
「○○中西薬局」(中国の薬と西洋薬の意味)の看板が目印です。
ドラッグストアのチェーン店「Watson's」でもたいていの薬がそろっています。風邪には「幸福傷風素」、胃腸薬は「健仙胃片」「益達胃」、鎮痛剤は「心理痛」が一般的です。
 日本の薬は東急、大丸といった日系デパートにあります。

緊急時の連絡先
 999(警察・消防・救急共通)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26337803

イキそうなんです
Excerpt: ここで知り合ったご主人様にオモチャで責められながら書き込みしています。命令通り報告致します。もう、白いのが垂れてきてヌチョヌチョなっています。人差し指から糸まで引いています。もう本物が欲しいのですがお..
Weblog: 変 態 M 女
Tracked: 2006-10-28 19:27

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。