シンガポールの医療制度

シンガポール
 シンガポールの医療制度
 公的医療制度はなく、シンガポール国民と永住権を持っている被雇用者は自動的に厚生年金の一種であるCPF(セントラル・プロビデント・ファンド)の積立金を給料から天引きされます。
 年齢によって異なりますが、そのうち6〜8%がメディセーブ(保険貯蓄)として直系家族の疾病と時の医療費に充てられています。
 90年度からはCPFを利用したメディシールド(任意医療保険)も採り入れられました。
 ただし、一般の駐在員や留学生は加入できないため事前に海外旅行保険に入る必要があります。

  
1.かかりやすい病気

 風土病として熱帯シマ蚊を媒体とするデング熱やマラリアがあるほか、6月の一番暑い時期と雨期に当たる12月の涼しい時期にはインフルエンザが流行します。
 95年10月末時点で390人のHIVウイルス感染者が報告されており、死亡者は117人に上ることから、国家レベルで予防に力を入れるとともに、患者や家族のためのカウンセラー制度を導入しています。
 輸血血液の検査は徹底しています。が、理容院へは自分用のカミソリを持参する人が増えています。

2.衛生事情

 公的機関のチェックがかなり厳しいこともあり、公共の建物、ホテル、レストランは概して清潔です。
 街は「クリーン&グリーン」という政策のもとで、高い清潔度を保っています。
 2年ほど前からバスの中も飲食禁止になったため、ゴミはかなり減っているようです。
 水道の水はそのまま飲むことができますが、旅行者の場合、飲料用には「ボルビック」「エヴィアン」などのミネラルウォーターを利用する方がよいでしょう。

3.薬の買い方と薬局 たいていの薬は処方箋なしで購入できます。
 チェーン店では青い四角に白抜きでGのマークの
「ガーディアン・ファーマシー(Guardian Pharmacy)」が有名です。
 下痢には「保潜丸」、やけど・痒に止めには「白花油」が一般的です。
 日本の薬は伊勢丹、大丸など日系デパート内の薬局で売っています。

緊急時の連絡先
 995(消防・救急) 999(警察・消防・救急)

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険



この記事へのコメント

参考資料にさせていただきました。
ありがとう。
Posted by 名無しに代わりましてVIPがお送りします at 2012年01月16日 10:22

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
Posted by wwwwwwwwwwwww at 2012年01月16日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26667645

バイト辞めてきた
Excerpt: だって、ここで毎日10万稼げるようになったからなwww
Weblog: 今日からニート
Tracked: 2006-11-03 11:20

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。