カナダの医療制度

カナダ
 カナダの医療制度
全般的に病院保険や医療保険制度がよく整備されており、歯科治療を除いた公的医療保険が、各州政府によって運営されています。
受給及び加入資格については連邦と州の準備に該当する全居住者が対象で、日本人駐在員、学生、ワーキングホリデービザ所持者でも3ヶ月以上居住する場合は加入できます。
基本保険料は月額36カナダドル程度で、学生を含む低所得層には割引制度があります。
公的医療保険の対象とならない滞在者向けに民間の医療保険もありますが、傷害・疾病費用から滞在中の個人賠償、携行品損害まで幅広く補償する
海外旅行保険にあらかじめ加入しておく方が確実でしょう。

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険




 バンクーバー

1.かかりやすい病気

風土病や独自の病気はありませんが、春先には花粉によるアレルギー疾患、冬場には胃炎を伴うインフルエンザが流行します。
HIVウイルス感染者数は年々増加しており、州単位でも大々的に予防のための広告展開を行っています。
バンクーバーにはエイズ・プロジェクト・チームがあり、その中のアジア系エイズ互助グループ(A−SAP)には日本語のボランティアもいます。
血液検査は希望者に匿名で実施中で、無料で受けることができます。

2.衛生事情

公衆衛生の管理は十分に行き届いているようです。
水道の水は基本的にそのまま飲むことができますが、秋から冬の大雨の後などは水道水が濁ることがあります。
気になる場合は「エヴィアン」「ボルビック」「ポラリス」「ぺリエ」などミネラルウォーターを使うほうがよいでしょう。

3.薬の買い方と薬局

風邪薬や鎮痛剤程度なら処方箋なしで買うことができます。
チェーン店としては「ロンドン・ドラッグス(London Drugs)」「ショッパーズ・ドラッグ・マート(Shoppers Drug Mart)」があるほか、鎮痛剤は「タイラノール(Tylenol)」「エキセドリン(Excedrin)」「アスピリン(Aspirin)」、風邪薬は「コンタック(Contac)」「Neo Citron)」、が一般的です。
日本の薬は正露丸、パンシロン、バファリン程度であれば「ヤオハン」「フジヤ」で購入できます。

緊急時の連絡先
 911(警察・消防・救急)


 トロント
1.かかりやすい病気

風土病や独自の病気はありませんが、春先には花粉症、5月になると急に日差しが強くなり日射病にかかる人もいます。
HIVウイルス感染者が増加し続けているため、新聞や雑誌広告を通じて幅広く予防を呼びかけており、血液検査は希望者には無料で実施しています。

2.衛生事情

道路にはゴミが少なく、公共施設などは日本並にか、それ以上に清潔です。
レストランの清潔度は店によりますが外国人が行くような店についてはほとんど問題はないでしょう。
水道の水はそのまま飲むことができますが、消毒に強い薬品を使うケースもあるため、飲料用には「エヴィアン」「Naya」「Appia」などのミネラルウォーターがいいでしょう。

3.薬の買い方と薬局

薬は風邪薬や鎮痛剤程度なら処方箋なしで買うことができます。
チェーン店としては「ショッパーズ・ドラッグ・マーケ(Shoppers Drug Mart)」「ファーマ・プラス(Pharma Plus)」などがあります。
日本の薬は扱っていませんが、鎮痛剤などよく似た薬は一般の薬局で手に入ります。
鎮痛剤・解熱剤として日本人によく利用されているのは「タイラノール(Tylenol)」でしょう。
一般に市販薬は効能がソフトですが、風邪薬や鎮痛剤には様々な種類があるので、注意して選ぶ必要があります。
特に運転する人は飲むと眠くなる薬もあるので、購入前に確認すべきでしょう。

緊急時の連絡先
 911(救急)


この記事へのコメント
Valuable information. Fortunate me I came across your website by possibility, and Now i’m shocked precisely why this coincidence didn’t took place in move forward! I added it.
Posted by Accessories For Shoes at 2013年08月08日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。