イギリス(英国)の医療制度

英国 イギリス
 英国の医療制度
 ナショナル・ヘルス・サービス(NHS)という居住者を対象とした健康保険制度があり、薬、歯科治療、メガネ以外の治療を無料で受けることができます。
 駐在員や留学生でも6ヶ月以上滞在する場合はNHSに加入できます。
 治療の際はNHSベースか、有料のプライベート・ベース(設備がよく、待たされない)のいずれかを選びます。
 NHSに入っていても日本人医師の治療を受ける時にはプライベート・ベースとなるため、個人賠償や携行品まで幅広くカバーする海外旅行保険の方が便利でしょう。

 ロンドン
1.かかりやすい病気

 風土病や独自の病気はありませんが、春から夏にかけて各種の花が咲く頃には花粉症や枯草熱、冬にはインフルエンザが流行します。
 HIVウイルス感染者は年々増加しており、現在2万人以上のキャリアがいるといわれています。
 国家レベルで予防キャンペーンを実施中で、The National ALDS Helplneではエイズのコンサルタントを無料で行なっています(英語のみ)。

2.衛生事情

 古い建物が多い所では、街を歩くとほこりっぽい感じがすることもあります。
 水道の水は基本的にはそのまま飲むことができますが、硬度が日本の水の約10倍あるため、飲料用には「ボルビック」「エヴィアン」などのミネラルウォーターがよいでしょう。

3.薬の買い方と薬局

 たいていの薬は処方箋なしで買うことができ、繁華街には英国最大のドラッグストア「ブーツ(Boots)」があります。
 鎮痛剤は「ニューロフェン(Neurofen)」、胃薬は「Remegel」風邪薬なら「Lemsip」「Beechams Hot Lemon」が一般的です。
 日本の薬は「ジャパン・センタ−」「ヤオハン・プラザ」などで買えるほか、「ナチュラルハウス」では葛根湯なども売っています。

緊急時の連絡先
 999(警察・消防・救急)

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27486094

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。