フランスの医療制度


 フランスの医療制度
 フランスには日本の健康保険に当たるセキュリテ・ソシアル(会社保険)があり、フランス人及び合法的に滞在・労働している外国人は加入しています。 医療費と薬代はまず個人が支払い、後日保険会社から払い戻しを受ける形となりますが会社保険だけでは全部をカバーできないため、通常はさらにアシュランス・ミュチュエル(共済保険)に加入します。
 日本人駐在員は会社保険への加入が義務づけられますが、留学生の場合、カバー額が限られた共済保険にしか入れないため、事前に海外旅行保険に入る人がほとんどです。
AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険


 パリ
1.かかりやすい病気

 風土病や独自の病気はありませんが、季節の変わり目は気温の変化が激しいためインフルエンザが流行します。
 HIVウイルス感染者は現在15〜25万人いるといわれています。
 これなでにも数回の撲滅キャンペーンが行わなるなど、国家レベルでの予防対策が続けられていまます。
 麻薬中毒者が集まる広場や公園には注射針が落ちていることもあり、特にレ・アーレ地区やトロカデロ広場は夜間ひとけが少ないので十分注意が必要です。

2.衛生事情

 パリのレストランやカフェなどに対しては、衛生局による食品管理チェックが行われていますが、衛生基準は必ずしも守られているとはいえません。
 パリの水道水は一般家庭ではそのまま飲まれていますが、慣れない水を飲むことに抵抗がある人は「エヴァアン」「ボルビック」などミネラルウォーターを利用するとよいでしょう。

3.薬の買い方と薬局

 日本の薬局で売っている程度の薬は処方箋なしで買うことができ、薬局(Phar-macie)へ行けばたいていのものは購入できます。
 日本の薬はサロンパスなど医薬品以外なら「京子食品」など日本食品店にも置いています。
 鎮痛剤「Gelufene」、風邪薬には「Humex」胃腸薬なら「Marga」が一般です。

緊急連絡先
 15(救急車) 17(警察) 18(消防)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/27805995

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。