海外旅行保険の補償について

留学などで海外へ行かれる際に、海外旅行保険に加入したり、
海外旅行保険が付帯したクレジットカードや保険のバラ掛けといった
対策をされると思います。
目的の海外滞在先で、物価や価値観が日本と大きく異なっていきますので
実際に海外へ行かれる前に、海外旅行保険の補償内容について見直してみてください。
海外では、過失による損害に対しての賠償責任の問題が日本より格段に厳しいのが現状です。
特に海外滞在先が欧米国あたりですと、巨額な賠償金の請求が求められることがありますので、
海外旅行保険の損害賠償に対する補償金額の設定は最低でも1億円は用意しておかれることを
お勧めします。
特に海外旅行保険が付帯したクレジットカードを活用する場合には、
損害賠償に対する補償金額が低く設定されていることがありますので、
確認して、バラ掛けで補償金額を補うようにしておきましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。