海外旅行保険付クレジットカード:死亡補償の上乗せ

万が一の病気や事故に巻き込まれた場合などを
補償してくれる海外旅行保険には、各保険会社が
販売している海外旅行専用の保険商品だけでなく、
クレジットカードにも海外旅行保険が
付帯されている場合があります。
海外旅行保険付のクレジットカードだけで
海外へ行かれる方もいることでしょう。
しかし、万が一海外で治療などを受ける場合、
海外国によってはクレジットカードの海外旅行保険の
補償額だけでは補えない場合があります。
一般的な海外旅行保険が付帯しているクレジットカードの
治療費はゴールド会員も含めて、
50万円から200万円程度となっていますが、
仮にニューヨークで盲腸にかかった場合、
入院・手術費として200万円以上かかってしまうこともあります。
これでは、クレジットカードだけでは
十分に補償を補うことが出来ません。
ですので、海外滞在先での万一の補償は、
海外旅行保険付のクレジットカードだけでなく、
バラ掛けなどを利用して、最低でも500万円〜1000万円程度の
治療費の補償を上乗せして
治療費への補償を確保されておくことをお勧めします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/35859920

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。