帰国後に発症!海外旅行保険の補償は適用されますか?

海外旅行保険の補償は、海外滞在先での病気や事故による治療費へのサポートをはじめ、盗難や事故による賠償責任などへの補償もマルチにカバーすることができます。
一般の海外旅行保険の補償期間は、海外出発日から日本へ帰国し自宅に帰って来た日までの間となっています。
では海外から日本へ帰国後、マラリアなどといった海外滞在先特有の病気が発症した場合の治療費は、海外旅行保険の補償が適用されないのでしょうか?
一般に知られている海外旅行保険の補償対象となるのは、海外滞在先で発症した病気の治療費をはじめ、海外滞在が原因となった帰国後72時間以内に発症した病気の治療費、日本へ帰国後に30日以内に特定の伝染病が発症した場合の治療費となっています。
海外旅行保険の補償対象となる「特定の伝染病」に含まれる病気として、コレラ・天然痘・ペスト・ラッサ熱・発疹チフス・黄熱病・回帰熱・マラリアなどが挙げられます。
加入する海外旅行保険によっては、補償対象となる病気が異なる場合もありますので、海外旅行保険に加入する前に確認されておくことをお勧めします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/37552769

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。