留学先でのトラブル

留学先でのトラブル
留学ではなれない生活ということもありトラブルに遭遇したときのことを想定しておくといいでしょう。

ホストファミリーの人が、トラブルにあったさいに必ずしも充分な仲介役となるわけではありません。

留学のセットアップをしてくれた団体先の連絡先は控えておきましょう。団体先によっては24時間体制て事務局員やボランティアが対応をおこなっていることがあります。こういった方々はなにかトラブルに遭遇したときに仲介役となってくれることもありますからあらかじめチェックしておきましょう。トラブルを紹介しましょう。

パスポートを紛失したことに気づいた段階で日本大使館、総領事館に届け出をだしましょう。
発給までには通常1〜2週間かかります。パスポート再発行に申請に書類は発給年月日、顔写真2枚、戸籍抄本が必要となります。パスポートの旅券番号、発給年月日につきましては別に控えておくか、パスポート自体の該当ページをコピーしておくといいでしょう。

ケガをしたら不安になりますよね。
ホームステイをしている場合はホストファミリーに相談してみましょう。ファミリードクターを紹介してくれるはずです。場合によっては留学生アトバイザーに医者を紹介してもらう必要があります。治療費などは海外留学生保険などから利用することができます。種類によっては24時問体制で日本語サービスを行っていることがあります。参考にしてみてください。ときには、再発行する際にまず紛失証明が必要になります。
警察署に届け出ることによって紛失証明をはっこうしてもらい、その後トラベラーズチェックの発行先に届けます。

パスポートと、トラベラーズチェックの購入控え、チェック番号が必要になりますから面倒でもトラベラーズチェックの番号は控えておくようにしましょう。治安も最近は悪くなってきたといわれていますが、海外も同じように治安がいいところもありますし、治安が悪いところもあります。
置き引きといって、ロビー、駅、ホテル、レストランなど荷物を置いたままその場を離れると荷物が持ち去られる危険があります。電車の中、繁華街、レストランなどにおけるひったくりやスリもあります。こういった危険、トラブルを防ぐ方法としてはバックやショルダーパックのストラップは握り、身の回りに気を配る、貴重品は分散して持ち歩くことなどがあげられます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/44363374

おれはエステティシャン
Excerpt: 女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
Weblog: さわだ07
Tracked: 2007-06-10 15:22

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。