海外旅行保険の家族プラン:家族の範囲は?

各保険会社が販売している海外旅行保険の保険商品には、契約者単体での補償を補う個人プランの他に、1グループが補償の対象となる家族プランがあるのはご存知でしょうか?
この家族プランの海外旅行保険は、家族が個別に同様の補償が付いた海外旅行保険に加入するよりも、保険料が割安になりますし契約の手間も大幅に省くことができるのが特徴です。
この家族プランの海外旅行保険で補償対象となる家族の範囲については、海外旅行保険の被保険者を中心とした関係で、被保険者の配偶者もしくは婚約者の方、被保険者もしくは配偶者と生計を共にしている同居の親族、被保険者もしくは配偶者と生計を共にしているが現在は別居している子どもとなっています。

海外旅行保険の補償について

留学などで海外へ行かれる際に、海外旅行保険に加入したり、
海外旅行保険が付帯したクレジットカードや保険のバラ掛けといった
対策をされると思います。
目的の海外滞在先で、物価や価値観が日本と大きく異なっていきますので
実際に海外へ行かれる前に、海外旅行保険の補償内容について見直してみてください。
海外では、過失による損害に対しての賠償責任の問題が日本より格段に厳しいのが現状です。
特に海外滞在先が欧米国あたりですと、巨額な賠償金の請求が求められることがありますので、
海外旅行保険の損害賠償に対する補償金額の設定は最低でも1億円は用意しておかれることを
お勧めします。
特に海外旅行保険が付帯したクレジットカードを活用する場合には、
損害賠償に対する補償金額が低く設定されていることがありますので、
確認して、バラ掛けで補償金額を補うようにしておきましょう。

妊婦に対する海外旅行保険の補償内容は?

新婚旅行や、長期滞在、家族の海外出張などの理由により、海外へいかれる妊婦の方も沢山おられると思います。
今回は、もし、妊婦の方が海外へ行くことになった場合に、海外旅行保険で補償する内容について紹介します。
海外旅行保険の妊婦に対する補償として、基本的に、出産や早産および流産、
また中絶に関する費用などの補償はされていないようです。
しかし、妊娠中に起こりうる疾病として挙げられる、膀胱炎については、
慢性の症状でない限り、海外旅行保険で補償対象となります。
また、出産などの症状を除いた、一般的な病気やケガに対する補償は、
もし、妊娠中であった場合でも適用されるようです。
しかし、AIU保険など、保険会社によっては、妊婦に対する補償が付けられている場合もありますので、
海外計画のひとつとして、保険会社に問い合わせされてはいかがでしょうか?

年末調整時における海外旅行保険の保険料控除について〜損保ジャパンの場合

海外旅行保険は、生命保険と同様に、年末調整時に保険料の控除が受けられるのでしょうか?
今回は、損保ジャパンの海外旅行保険に加入したと仮定して、紹介しますので、
損保ジャパンに加入されている方、もしくはこれから海外旅行保険に加入予定の方は、参考にしてはいかがでしょうか?
損保ジャパンの場合は、保険の控除証明書があれば、
海外旅行保険でも、年末調整時に保険料の控除が受けられます。
損保ジャパンの海外旅行保険に加入している場合は、海外旅行保険の発行時において、
保険証券に、控除証明書に該当するものが添付されていると思います。
もし、保険証券に、控除証明書に該当するものが添付されてない場合は、
保険証券の番号を調べて、加入している損保ジャパンの会社に問い合わせの上、
控除証明書の再発行手続きを行えば良いと思います。

海外旅行保険〜保険会社の選び方は?

海外旅行保険は現在様々な保険会社が取り扱っていますが、
海外旅行保険の補償内容や補償される金額などは各保険会社によって多少の違いがあります。
どの保険会社の海外旅行保険を選べば良いのか不安な方の為に、海外旅行保険の保険会社の選び方を紹介します。
海外旅行保険を取り扱っている保険会社を選ぶポイントとして、保険会社のサービス面を調べておくことが挙げられます。
もし万が一、海外滞在先で事故や病気にかかってしまった場合に、日本語が話せる保険会社のサポートスタッフが現地にいる・いないかをチェックしておきましょう。
また、保険会社のサービスが保険に関することだけに限ず、海外旅行面でもサポートしてくれる保険会社であるかも保険会社選びにおいて重要となります。

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険

海外旅行保険:アメリカへ長期留学する場合

アメリカへ・長期留学に行かれる方に知っていただきたい、
アメリカの保険制度を紹介します。
アメリカでは、国が管理する保険制度というのは存在しておらず、
医療費が・界の中でも高い国であるといわれています。
万が一病気や事故などにあって入院したら、
医療費に1000〜5000ドル(日本円で約11万円〜55万円)
かかることもあります。
アメリカの大学では
独自に健康保険制度を設けているところもありますが、
健康保険制度を設けていない大学もありますので、
留学前に大学に確認することをお薦めします。
留学先の大学に健康保険制度があるかないかで、
出発前にに加入する海外旅行保険の保障内容も変わってきます。
留学先の大学に健康保険制度がある場合は、
盗難や賠償に重点をおいた海外留学保険から、
留学先の大学に健康保険制度がない場合は、
・合的な保障内容の海外留学保険から
選んでいくと良いとおもわれます。

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険


長期留学・海外旅行保険:「ワーキングホリデー保険」のサポート

長期留学海外旅行へ行かれるなら、
海外旅行保険の「ワーキングホリデー保険」がお薦めです。
ワーキングホリデー保険のなかでも特にお薦めしたいのが、
保険のサポート体制です。
ワーキングホリデー保険のほとんどが、
24時間年中無休のサポート体制をとっています。
海外留学・旅行先で事故などにあった場合、
事故の相談を日本語で受け付けてくれる他に、
病院の紹介や緊急医療・入院の手配を行ってくれます。
大体の保険会社は海外留学・旅行先での治療費を補償しているので、
事故が起きた場合の現金などの持ち合わせの心配がありません。
また、現地の病院への支払いも保険会社がしてくれますので、
語学の不安が解消されます。
ワーキングホリデー保険の保険料は、
各保険会社によって異なりますが、
一般的に1年間で8万円〜10万円位です。

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険

長期留学・海外旅行保険:ワーキングホリデー保険とは?

留学海外旅行へ行かれるときには海外旅行保険に入っておきたいですね。
留学や海外旅行が長期なら海外旅行保険は「ワーキングホリデー保険」をお薦めします。
ワーキングホリデー保険の保障内容は保険会社によって多少異なりますが、
一般的なワーキングホリデー保険の保障内容を紹介します。
●海外留学・旅行先で、様々な事故によるケガや病気の治療または入院する場合
●海外留学・旅行中の事故によるケガが原因で、後遺症が生じたり死亡した場合
●海外留学・旅行先での入院などで親族が現地へ駆けつける場合
●海外留学・旅行中に病気で死亡した場合
●搭乗する予定の飛行機が遅延・欠航・運休になった場合
●飛行機に搭乗する際に航空会社に預けた手荷物の到着が遅れた場合
●海外留学・旅行先で店の商品を壊したなど、損害賠償を負った場合
●海外留学・旅行先で盗難の被害にあったり、携行品を破損した場合
長期間での留学・海外旅行の海外旅行保険は「ワーキングホリデー保険」でいかがですか?

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。