海外旅行保険用語:「全損証明書」

海外旅行保険に加入する際に、小冊子やパンフレットなどで用いられている保険用語について説明します。
保険用語で、海外御旅行保険によく用いられている
全損証明書」とは携行品が何らかの理由で破損した場合に
保険金を受け取るために請求するために必要となる書類です。
全損証明書の書き方については、特に決まった書式がありませんが、例えば、破損の程度が修理が不可能な位ひどい状態だった場合、修理不可能なことを証明するために、修理店などで全損証明書を書いてもらいます。
全損証明書を記載してもらう場合、破損した製品の名称や日付、店名などが記載されているかを保険会社に提出する前に確認しておくことをお薦めします。


様々な海外旅行保険の用語解説:旅行業者費用保険とは?

一言で「海外旅行保険」といっても、
特約保険など細かい保険があります。
海外旅行保険の概要となる各種保険を用語解説していきますので、
海外旅行保険選びの参考にいかがでしょうか?
海外旅行保険の1つである「旅行業者費用保険」とは、
主にツアーなどを行っている旅行会社が加入している保険で、
旅行会社が企画したツアーに参加している旅行者が、
ツアー途中に傷害事故によって、
参加旅行者が、入院または死亡した場合に、
旅行会社が負担すべき費用に対しての補償を目的とした保険です。
事故が発生した時に旅行会社が負担すべき費用に、
被害にあった旅行者への見舞金または弔慰金、
関係者への連絡などに使われた通信費、
被害にあった旅行者の関係者(主に親族)が
現地に出向くための交通費などが挙げられます。

海外旅行保険の用語「携行品」「特定運動用品用担保」

海外旅行保険でつかわれている用語を解説します。
保険用語の「携行品」とは、
海続に出掛けるときに持っていく、身の族りの所持品を表します。
一般的にカメラ・宝飾品・属類・運転免許他・航空券などのチケットが、
「携行品」に造たります。
身の族りの所持品でも、
現金やカード類・ウィンドサーフィンなどのスポーツ用品は、
「携行品」に造たらず、
「携行品」としては保険の支払いの対象にはなりません。
保険用語の「特定運動用品担保」とは、
スキューバーダイビングに使用する用具について補償(担保)する、
という属味です。
海外旅行保険会村によっては、特約・携行品特約として取り扱っています。
海外旅行保険に限らず、
旅行会村の資料などにもつかわれることが造りますので、
参考にしてはいかがでしょうか臓

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。