海外旅行保険とクレジットカードの保険

最近、クレジットカードに付いているからと、海外旅行保険に入らずに海外旅行する人が増えているようです。
AIUの調査によると、海外旅行保険に入らなかった人に海外旅行保険に加入しなかった理由をたずねたところ、63.8%の人が「クレジットカードに付いているから」と答えています。
海外旅行保険付帯のクレジットカードが増えたのは事実です。一昔前まではゴールドカードなどのステイタスの高いカードを所有する者だけの特典でしたが、今では一般カードにも広く普及されています。それに、マスコミなどの影響で「カード付帯の海外旅行保険を使わないと損!」というのが常識になってきたこともあるでしょう。
ある意味かしこい行動ですが、どんな補償が付いているかを確認した上で『この補償内容(カード付帯の保険)だけでいい!』と判断した人はごくわずかのようです。前述の調査によると、クレジットカード付帯保険の補償内容を知っているかという質問に対して、「よく知らない」と答えた人は55.3%、「まったく知らない」という人を合わせると60%を超えていました(よく知っていると答えた人は38.6%)。
<海外の医療費は高い>
内容をよく知らずに、海外旅行保険に入らなくていいと判断するのは、たいへん危険なことです。きっと、旅行代理店で入る海外旅行保険と同じ補償が受けられると思っているのでしょうね。でも、カード付帯の海外旅行保険の場合、疾病治療費用、傷害治療費用は手厚いものでも300万円程度。一般カードのなかには、治療費用は最高50万円までとなっているものも多いようです。
しかし、これで十分だと考える方は少なくありません。以前、
「カード付帯の海外旅行保険では治療費用が50万円しか補償されないものもあるんですよ」と、
アドバイスしたところ、「それだけあれば十分じゃないですか!」と、反論されたことがあります。海外の治療費が高いことをご存知の人であれば、50万円では不十分だということを理解していただけるのですが、日本の感覚でいくと、これだけあれば問題ないと感じてしまうようです。海外の医療費は日本に比べて非常に高額になっています。盲腸で入院した場合の都市別総費用は次のとおりです(2005年AIU調べ)。

1位 ホノルル(232万1000円、平均入院期間3〜5日)

2位 ニューヨーク(194万5000円、平均入院期間2日)

3位 ジュネーブ(185万8000円、平均入院期間3〜5日)

4位 上海(136万4000円、平均入院期間7〜14日)

5位 ウイーン(109万3000円、平均入院期間5〜7日)

日本は40万円程度です。ホノルルは日本に比べて、盲腸の手術を受けるのに5倍以上のお金がかかるのです。

海外旅行中に受けた治療は、治療目的の渡航でないかぎり健康保険を使えますが、日本の病院にかかった時のように実際の医療費の3割(3歳以上70歳未満の場合)を支払えばよいことにはなりません。現地の病院で医療費全額を支払って、その後、加入している健康保険に申請して払い戻しを受けることになります。

しかも、海外で支払った医療費の7割が払い戻されるわけではありません。日本の保険診療基準で計算しなおした金額の7割に相当するお金が還付されるにすぎないのです。日本で盲腸手術を受けた場合の相場は40万円程度ですから、その7割の28万円程度が払い戻されるだけ。海外旅行保険未加入者の人がホノルルで盲腸の手術をしたら、200万円以上が自腹ということになります。

また、その国の医療保険に加入していない旅行者の場合、海外旅行傷害保険などで治療費の支払い能力の証明ができないと予約すら受け付けてくれない病院もあるようです。治療費用の補償が少額なカード付帯保険の場合、その点も不安要素の1つとなります。旅行期間や旅行先にもよりますが、治療費用保険金は少なくとも500万円から1000万円は付けておきたいもの。クレジットカードの保険だけでは足りな
い場合は、不足分を海外旅行傷害保険で補っておきましょう。

治療費用を補充する目的で単体の海外旅行保険に加入する場合は、治療費用を基本にしたものを活用するのがオススメです。AIU「インフィニティ」なら治療・救援費用が『無制限』になっています。
また、クレジットカード付帯保険の上乗せ専用の海外旅行保険をエース保険が取り扱っています
トップアッププラン)。
<カード付帯保険の中には、使用に制限のあるものも>

なお、カードによっては、旅行に行く前に使用する旨の報告(手続き)をしなければ補償の対象にならないもの、そのカードで旅行代金を支払った場合のみ有効なもの、カードを作ってから一定期間は免責(補償の対象になっていない)になっているものなどがあります。旅行前に(できれば旅行代金を払う前に)付帯
保険の補償内容や条件をクレジットカード会社に確認することは必須です。

海外旅行保険とクレジットカードが重複する場合の保険金について

海外へ出発する時には万が一の事態に備えて海外旅行保険への加入を考えておくことが望ましいですね。
しかし近年では海外旅行保険が付帯したクレジットカードも取り扱われており、補償が重複するために海外旅行保険付クレジットカードを複数枚所持したり、保険会社の海外旅行保険にバラ掛けで補償の上乗せをされる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、海外旅行保険付クレジットカードと保険会社の海外旅行保険の補償が重複している場合の保険金の給付について紹介します。
海外旅行保険が付帯したクレジットカードの他に、任意で保険会社の海外旅行保険に加入している場合については、傷害死亡保険金、傷害後遺障害保険金の場合だとクレジットカード会社と保険会社の双方からそれぞれの保険金が給付されます。
上記以外の補償については、それぞれの補償金額の合計額を上限として、実際に支払った損害費用が按分して給付されることになります。

海外旅行保険付クレジットカード:死亡補償の上乗せ

万が一の病気や事故に巻き込まれた場合などを
補償してくれる海外旅行保険には、各保険会社が
販売している海外旅行専用の保険商品だけでなく、
クレジットカードにも海外旅行保険が
付帯されている場合があります。
海外旅行保険付のクレジットカードだけで
海外へ行かれる方もいることでしょう。
しかし、万が一海外で治療などを受ける場合、
海外国によってはクレジットカードの海外旅行保険の
補償額だけでは補えない場合があります。
一般的な海外旅行保険が付帯しているクレジットカードの
治療費はゴールド会員も含めて、
50万円から200万円程度となっていますが、
仮にニューヨークで盲腸にかかった場合、
入院・手術費として200万円以上かかってしまうこともあります。
これでは、クレジットカードだけでは
十分に補償を補うことが出来ません。
ですので、海外滞在先での万一の補償は、
海外旅行保険付のクレジットカードだけでなく、
バラ掛けなどを利用して、最低でも500万円〜1000万円程度の
治療費の補償を上乗せして
治療費への補償を確保されておくことをお勧めします。

海外旅行保険付クレジットカードの使い方

海外旅行保険が付帯したクレジットカードには、実は意外と知られていない有効な使い方ができるクレジットカードもあるようです。
今回は、海外旅行保険付クレジットカード「シティクリアカード」の知っておくと意外と便利かもしれない使い方について紹介します。
一般的な海外旅行保険付クレジットカードの補償期間は、
1回の海外旅行につき90日が上限となり、
90日を超えると補償の対象外となります。
しかし「シティクリアカード」は、海外滞在先でタクシーなど公共の交通常用具の料金をシティーカードで支払えば、その時から海外旅行保険の補償が適用されることになっているのです。
ですから、海外旅行のための補償をクレジットカードで
済ます場合には、シティクリアカードも一緒に所持しておけば、
補償期間を延長することができるということになっています。
実際に利用する前にシティークリアカードの補償について
確認されておくことをお勧めします。

海外旅行保険付きクレジットカードの選び方〜適用条件

クレジットカードには、海外旅行保険が付帯されているものがあります。
この海外旅行保険付きクレジットカードの選び方として、適用条件を確認しましょう。
クレジットカードについてる海外旅行保険の適用条件としては、
海外旅行へ行けば、自動的に保険が適用になる、“自動付帯”と、
旅費の一部などをクレジットカードで支払うことで、保険が適用になる、“利用付帯”があります。
海外旅行保険付きクレジットカードとしては、自動付帯の方が、
海外旅行へ行けば、何もしなくても保険が適用されるので、利便性が高いといえます。
海外旅行保険付きクレジットカードを選ぶときは、適用条件を確認し、
他の保障内容なども確認してから、選ぶようにしましょう。

クレジットカード会社の海外旅行傷害保険:三井住友VIZAカード「海外安心プラン」

クレジットカードを扱っている三井住友カード株式会社は、
三井住友VIZAカードを所持している人を対象として
海外旅行保険が付帯したクレジットカードとは違う
海外安心プラン」という海外旅行傷害保険のサービスを
しています。
この「海外安心プラン」には海外出発日の45日前から
出発日前日までの間でしたらインターネットで加入手続きを行うことができます。
「海外安心プラン」には、個人タイプ・ファミリータイプがあり
滞在期間の2泊3日から6ヶ月まで細かくプラン分けされていますので
海外へ行かれる人数や滞在期間に合わせて最適な保障プランを
選ぶことができますね。
インターネットでの加入方法も、既に三井住友のクレジットカードを
所持していますので、通常のネット加入よりも簡単な手続きなのも
嬉しいですよね。


海外旅行保険付クレジットカードでの保険金請求に必要な書類

海外へ出国する前に、万が一の事態に備えて、
海外旅行保険に加入したり、海外旅行保険が付帯したクレジットカードを利用して海外へ行きますよね?
もし海外滞在先で万が一の事態が発生した場合には、
海外旅行保険の取扱会社へ保険金の請求を行うことになります。
では、保険金請求するために準備が必要な書類には何があるのでしょうか?
今回は海外旅行保険が付帯している「オリコカード」において
必要な書類を紹介していきます。
オリコカードの場合、補償する内容によって必要となる書類が異なってきますが、
ほぼすべての補償に対して必要となる書類には、以下のものがあります。
●保険金請求書
●オリコカードのコピー
●日本出国日を示すパスポートのコピー
その他にも必要となる書類はありますので、保険金の請求に関する
オリコカードの詳細を確かめておかれることをお薦めします。

海外旅行保険付きクレジットカードとバラ掛けで賢く加入する

海外旅行保険が付帯したクレジットカードがあれば、
高い保険料を支払う必要がなく、格安で海外旅行が可能です。
今回は、海外旅行保険付きクレジットカードで
注意しておきたい事項について紹介していきます。
海外旅行保険が付いたクレジットカードの補償内容は、
一般の海外旅行保険とほぼ同様な内容となっていますが、
クレジットカードのグレードによって、補償される保険金額が異なっていきます。
また、クレジットカードの海外旅行保険には、
海外における病気による死亡に対する補償は設定されていません。
もし、海外滞在期間が3ヶ月未満であれば、
お手持ちのクレジットカードに付帯されている海外旅行の補償内容について
詳細を確認して、足りない補償についてバラ掛けを行っていけば
格安の保険料で手厚い補償を確保できると思います。

海外旅行保険付きのクレジットカード:NICOS・VIASOカード

海外旅行保険が付いたクレジットカードを紹介していきます
NICOS・VIASOカードは海外旅行保険が自動で付帯する年会費が無料のクレジットカードです。
NICOS・VIASOカードの海外旅行保険の補償金額は最大で2000万円である他に、
万が一の場合に日本語で対応する海外サポートサービスも行ってくれます。
NICOS・VIASOカードの海外旅行保険の適用期間はNICOS・VIASOカードを受け取った日から保険が適用され、
海外に出発した日から海外から帰国して自宅に帰るまで保障されます。
海外に留学または旅行に行かれる際は、十分な保障と安心のサポートの海外旅行保険が付いたクレジットカード「NICOS・VIASOカード」に加入されてはいかがでしょうか?

海外旅行保険付きのクレジットカード:KARUWAZA(カルワザ)カード

海外旅行保険が付いたクレジットカードを紹介していきます。
「株式会社UCS」が発行しているクレジットカード
KARUWAZAカード(カルワザカード)」は、
年会費が無料なのに海外旅行保険が付帯しているという
お得なクレジットカードです。
カルワザカードの海外旅行保険は、
保険会社「アメリカンホーム保険」と提携しているので、
保険の保障も通常の保険会社と同じ位充実した保障内容となっています。
なお、カルワザカードの海外旅行保険は、
ゴールド会員でない場合は申し込みをしないと
海外旅行保険が付加されませんので注意が必要です。
この機会に、海外旅行保険が付いたクレジットカード「カルワザカード」に
入会してみてはいかがでしょうか?

海外旅行保険付のクレジットカード:シティクリアカード

海外旅行保険が付いたクレジットカードを紹介していきます。
シティカードジャパン株式会社が発行している「シティクリアカード」は、
信頼のブランド ■ シティカード VISA ■最短10分審査!

年会費が無料でありながら、
海外旅行保険が付いているお得なクレジットカードです。
シティクリアカードの海外旅行保険は、
最高1000万円までの保障金額が設定されています。
シティクリアカードの海外旅行保険は、
クレジットカードの持ち主だけでなく、
持ち主の家族にも海外旅行保険が適用されますので、
家族で海外へ行かれる予定のある方にオススメのクレジットカードです。
シティクリアカードの海外旅行保険が適用される期間は、
日本を出発する前日の午前0時から
日本に帰国した日より翌日の午後12時までとなっていますが、
シティクリアカードの海外旅行保険は、いくつかの条件をクリアしないと
海外旅行保険が適用されませんので注意が必要です。
シティクリアカードの海外旅行保険についての詳細は、
シティカードジャパン株式会社より確認されることをオススメします。





海外旅行保険付きのクレジットカード:オリコカード

海外旅行保険が付いたクレジットカードを紹介していきます。
株式会社オリエンタルコーポレーションが発行しているオリコカードは、
年会費が無料なのに海外旅行保険が付帯しているという
お得なクレジットカードです。
オリコカードの海外旅行保険は、
最高2000万円までの保証金額が設定されています。
オリコカードの海外旅行保険が適用される期間は、
90日間を最長保険適用期間として、海外出発日の午前0時から、
海外より戻ってきた日の午後12時までとなっています。
オリコカードに入会が認められた日から翌日以降であれば、
海外旅行保険が適用されますので、
これから海外に行かれる予定のある方は、
オリエンタルコーポレーションのクレジットカード「オリコカード」に
入会してはいかがでしょうか?
10,000円分☆プレゼント!




海外旅行保険付きのクレジットカード:期間と条件

一般的な海外旅行保険付きのクレジットカードでは、
保険保障に期間条件があります。
海外に出発するために、自宅を出た時間から、
海外から戻って、自宅に着くまでの時間が
海外旅行保険の補償に適用されます。
海外旅行保険の補償が適用される上限期間としては、
最大90日間となっています。
また、クレジットカード会社によっては、
一定の条件を満たさないと海外旅行保険の機能が
適用されない場合もあります。
クレジットカード会社の一定の条件とは、
海外に滞在している間、ショッピングなどの支払いを
クレジットカードで精算するというものです。
クレジットカード会社によって、全ての支払いを
クレジットカードで精算しなければいけなかったり、
1部でも条件を満たしたと認定する会社もあります。
また、電話などで事前申込が必要な会社もありますので、
海外に出発する前に、
各クレジットカード会社へ確認されることをおすすめします。

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険


海外旅行保険が付いているクレジットカード

近年、クレジットカードを持っていない人は、あまりいないと思いますが、
クレジットカードの中には、海外旅行保険と同じ保障が
あらかじめ付加しているタイプもあるのはご存知でしょうか?
クレジットカード会社によって、補償内容や補償金額が多少異なりますが
海外旅行保険が付加したクレジットカードの一般的な補償に、
「障害死亡・後遺障害」に対する補償、賠償責任に対する補償、
携行品の損害に対する補償、傷害疾病の治療に対する補償、
救護者費用に対する補償があります。
上記の補償内容は、保険会社の海外旅行保険の保障内容と
ほぼ同じであることがわかりますね。
また、海外旅行保険が付加したクレジットカードを複数お持ちの場合は、
補償内容が合算されるので、保険会社の海外旅行保険と比較したら
お得な面もあるのではないでしょうか?
もし、滞在先が万一の事態が起こりうる可能性の高い地域だったら?
とお考えでしたら、海外旅行保険が付加したクレジットカードを
用意されてはいかがでしょうか?

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。