バラ掛けを利用した海外旅行保険のポイント

バラ掛け(フリープラン)を利用して海外旅行保険に加入すると
セット販売の海外旅行保険と比べて、格安の保険料で済むことから、
バラ掛けによる保険加入に人気が集まっています。
今回は、バラ掛けによる海外旅行保険の加入についての、
基本的なポイントを紹介していきます。
バラ掛けで海外旅行保険に加入する場合、
保険契約の最低保険料は1000円と定められています。
また、病気による治療補償のみ付加し、
ケガによる治療補償を付加しないなどの組み合わせでは、
海外旅行保険に加入できませんので注意が必要です。
保険金額についてですが、疾病治療の保険金額は、
傷害死亡・後遺障害および傷害治療の保険金額より低くすること、
傷害治療の保険金額は、疾病治療より高額で、
傷害死亡・後遺障害の保険金額より
下額となるように決める必要があります。
(保険金額設定を図式に当てはめると
『傷害死亡・後遺障害>傷害治療>疾病治療』となります。)

バラ掛けで上手に海外旅行保険に加入するポイント〜必要な補償ですか?

保障をバラ掛けにすることによって上手に海外旅行保険に加入するためのポイントを紹介していきます
今回は、必要な補償について紹介しますので、参考にしてはいかがでしょうか?
海外旅行保険の補償として取り扱われている、航空機遅延や寄託手荷物遅延に対する補償についてですが、
万が一の航空機や手荷物がトラブル事故に備えて加入される方は多いと思われます。
しかし、もし仮に、海外旅行保険に1年間の契約をした場合、航空機遅延や寄託手荷物遅延に対する補償についても1年間保険料を支払うことになります。
航空機遅延や寄託手荷物遅延に対する補償は、海外へ往復する2回だけに有効な補償です。
海外旅行保険の航空機遅延や寄託手荷物遅延に対する補償は、本当に必要な補償なのかをもう一度見直すことが、
バラ掛けで上手に海外旅行保険に加入するポイントとなっていくと思われます。

バラ掛けで上手に海外旅行保険に加入するポイント〜携行品特約について

保障をバラ掛けにすることによって上手に海外旅行保険に加入するためのポイントを紹介していきます。
今回は、携行品特約について説明しますので、参考にしてはいかがでしょうか?
海外留学など、長期で海外へ行く場合の宿泊はアパートを借りたり、何人かの人でルームシェアすることになると思います。
ここでポイントとなるのが、海外旅行保険の携行品特約です。
携行品特約は、一般的には、海外先における盗難や紛失事故についての補償をしてくれるのですが、
実は、海外滞在先のアパートなどの部屋で発生した盗難事故や紛失事故については補償の対象外となっているので、携行品特約とは別の盗難事故について補償してくれる海外旅行保険をバラ掛けする必要があります。
なお、海外滞在先での宿泊先がホームステイや寮である場合は、携行品特約で大丈夫です。

バラ掛けで海外旅行保険に加入するポイント〜期間設定

バラ掛け海外旅行保険に加入される際に、保険料をより格安にするためのポイントを紹介していきますので、参考にしてはいかがでしょうか?
今回は、旅行や留学など、海外に滞在する期間で選ぶ海外旅行保険の選び方について説明します。
海外旅行保険に加入される前に見直していただきたい項目に、海外へ出発する日から、日本へ帰国して自宅に帰ってくるまでの期間が挙げられます。
一般にセット販売されている海外旅行保険は、出発日から帰国日までを含めて1年単位での保障になります。
もし、海外へ行かれる期間が1年以上で、残りの期間が1・2日などわずかな期間の場合は、
日割り計算できる海外旅行保険の保障を、期間設定のバラ掛けで加入されることをお薦めします。

海外旅行保険にバラ掛けで加入する場合のポイント〜死亡保障について

海外旅行保険バラ掛けで加入する場合のポイントを紹介します。
海外旅行保険にバラ掛けで加入する場合、まずは死亡保障について一度見直しをされることをお薦めします。
もし、自分が若くて健康であった場合、病気での死亡保障は生命保険で十分だと思われます。
万が一海外滞在先で命に関わるほどの大変な病気になってしまったら、早期の帰国を余儀なくされてしまうと思われます。
通常の海外旅行保険の場合、日本に帰国してから30日過ぎると保障の適用外となってしまいます。
もし、命に関わるほどの大変な病気でしたら、早期回復は難しいと思われます。
海外旅行保険にバラ掛けで加入するときには、保険の病気での死亡保障が本当に必要かどうか考えてから加入されることをお薦めします。

海外旅行保険のバラ掛けで保険料を安くする〜手荷物の補償を見直す

海外旅行保険保険料金を少しでも安くする為に、バラ掛けで海外旅行保険に加入する人は多いと思われます。
今回は、海外旅行保険の保険料を安くするバラ掛けのポイントについて紹介していきますので、参考にしてはいかがでしょうか?
海外旅行保険では、海外に持っていく手荷物に対して補償をしていますが、海外旅行保険の手荷物に対しての補償を、実際に海外へ持っていく手荷物よりも多い補償になっていないか見直してみましょう。
実は、海外旅行保険の手荷物に対する補償額には、一点につき10万円までの上限が設定されています。
また、盗難事故が原因となる手荷物の補償は更に制限がかかってしまう保険会社も存在するのです。
上記をふまえた上で、海外旅行保険の手荷物に対する補償を見直し、
バラ掛けで海外旅行保険に加入することによって保険料金を安くしてみてはいかがでしょうか?

不必要な補償を外すバラ掛けで海外旅行保険に加入する

海外旅行保険の保険料を少しでも安くする為に、バラ掛けで海外旅行保険に加入しようと思ったけど、
どの海外旅行保険の補償を選べばいいのかお悩みではありませんか?
今回は、海外旅行保険をバラ掛けで加入される場合の、海外旅行保険補償の選び方について紹介しますので、参考にしてはいかがでしょうか?
まずは、実際に海外へ行くときに不必要な補償がないかを見直していきましょう。
海外旅行保険をバラ掛けで加入される場合、傷害死亡の補償を抑えておくことが、海外旅行保険の節約のポイントになります。
もし、死亡特別保険金の特約が付いている場合に、不必要な補償だと思われたら、
死亡特別保険金の特約を外しておかれることをお薦めします。

バラ掛けのほうが得するかも?今の海外旅行保険を見直してみよう

海外に行く前に必ずといっていいほど海外旅行保険の加入を勧められます。
しかし、海外旅行保険の種類によっては保障が重複していたり、明らかに自分には無関係で無駄なんじゃないか?と思われる保障がついてくる場合があります。
例えば、独身だったり、単身で海外へ行くのに家族の保障がある海外旅行保険に加入していても意味がないですよね?
また、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードをお持ちの方は保障内容が重複している場合が多いと思われますので、バラ掛けで足りない保障内容を付加した方が、お得になるでしょう。
セットの海外旅行保険よりバラ掛けで海外旅行保険に加入した方がお得な場合がいくつかありますので、海外旅行保険に加入される前に一度保障内容を見直してみてはいかがでしょうか?

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険

海外旅行保険はバラ掛けで格安にできる!

海外旅行保険には加入しておきたいけれど、保険料金が払えるか心配・・・
という方にオススメしたいのが、
海外旅行保険をバラ掛けで加入するという方法です。
通常旅行会社などが予め用意している海外旅行保険は、
ある程度の補償がセットになって揃っている場合がほとんどです。
ある程度の補償がセットになっている海外旅行保険は、
確かに補償金額も高く設定されていますが、
補償金額が格安に出来るバラ掛けの海外旅行保険でも
十分対応ができるのです。
例えば、疾病治療費用に対する保証金額が、
セットになっている海外旅行保険では500万円、
バラ掛けの海外旅行保険では100万円だったとします。
もし、海外で軽い風邪などをひいて海外の病院で治療をうけ、
治療費が2〜3万円位ですんだ場合、1
00万円の補償金額でも十分ですよね?
はじめからある程度の補償がセットになっている
海外旅行保険に加入するのではなく、
バラ掛けで自分とって必要最小限の海外旅行保険をかけてから、
必要に応じた海外旅行保険を追加していくのも
1つの方法といえるでしょう。

AIU留学保険

エース海外旅行保険

三井住友海外旅行保険

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。