帰国後に発症!海外旅行保険の補償は適用されますか?

海外旅行保険の補償は、海外滞在先での病気や事故による治療費へのサポートをはじめ、盗難や事故による賠償責任などへの補償もマルチにカバーすることができます。
一般の海外旅行保険の補償期間は、海外出発日から日本へ帰国し自宅に帰って来た日までの間となっています。
では海外から日本へ帰国後、マラリアなどといった海外滞在先特有の病気が発症した場合の治療費は、海外旅行保険の補償が適用されないのでしょうか?
一般に知られている海外旅行保険の補償対象となるのは、海外滞在先で発症した病気の治療費をはじめ、海外滞在が原因となった帰国後72時間以内に発症した病気の治療費、日本へ帰国後に30日以内に特定の伝染病が発症した場合の治療費となっています。
海外旅行保険の補償対象となる「特定の伝染病」に含まれる病気として、コレラ・天然痘・ペスト・ラッサ熱・発疹チフス・黄熱病・回帰熱・マラリアなどが挙げられます。
加入する海外旅行保険によっては、補償対象となる病気が異なる場合もありますので、海外旅行保険に加入する前に確認されておくことをお勧めします。

賠償責任への保険金請求に必要な書類

海外滞在先で、誤って物を破損させた場合や第三者との事故により損害賠償を請求された場合には、当事者同士によるその場での話し合いをすぐに行わず、まずは加入している海外旅行保険のサポートサービスへ連絡して、弁護士や通訳などのアドバイスを受けるように心がけておきましょう。
日本へ帰国した後に、加入する海外旅行保険の保険会社にて破損や損害賠償などへの保険金についての請求手続きを行っていきます。
破損もしくは賠償責任への保険金請求に必要な書類として「保険金請求書」「示談書」の他に、破損や盗難による保険金請求でしたら「第三者の証明および見積書」が必要となりますので、保険金請求手続きの際には、上記の書類を添付して加入している海外旅行保険の保険会社まで提出してください。

賠償責任を問われた時の海外旅行保険の手続きについて

海外滞在国では品物を破損させた場合など、破損した品物への賠償責任を問われることが多くあり、滞在している海外国によっては日本では考えられないほど高額な賠償金を請求されることがあります。
このように万が一損害賠償責任に問われた時に、高額な賠償金を請求される予想ができる国への旅行の際には、海外旅行保険の損害賠償に対する保障額を十分に備えておくことをお勧めします。
実際に損害賠償責任への問題が起こった場合には、その場でのやり取りをできるだけ避けて、
加入している海外旅行保険のサポートサービスへ連絡し、手続きに関する対応策についてアドバイスを受けるように心がけておきましょう。
海外旅行保険のサポートサービスでは、弁護士の紹介や通訳の紹介・手配を行ってくれます。
少額の場合でも弁護士に依頼したほうがスピーディーに解決しますので弁護士は必ず依頼しておきましょう。

盗難にあった場合の保険金請求に必要なものは?

海外滞在先で盗難や詐欺などの事態に巻き込まれた場合には、日本へ帰国した後に加入している海外旅行保険の保険会社へ、盗難や詐欺などの被害総額分の保険金請求手続きを行う必要があります。
盗難や詐欺などにあった場合の保険金請求手続きに必要な書類として、「事故証明書」「保険金請求書」「見積書」などが必要となります。
もし携行品が壊された場合には、破損した携行品の写真も添付する必要があります。
海外旅行保険の保険金請求手続きに限らず、再発行などといった各種手続きのためにも、事前にパスポート番号やクレジットカード情報、また紛失した場合の連絡先などを控えておかれることをお勧めします。
保険金請求手続きで提出した書類と請求内容の確認が取れたら、
海外旅行保険の取扱会社より保険金が給付されることとなります。

海外旅行保険の活用:盗難や詐欺にあった場合

海外滞在先で実際に万一の事態に遭遇した場合の海外旅行保険への連絡手順などについて紹介しますので、何かおこった場合には是非海外旅行保険の補償を活用しましょう。
海外滞在先で盗難や詐欺にあった場合には、まずは現地の警察に被害届けを提出しておきましょう。
被害届けの受理書は、パスポートやクレジットカードなどの再発行手続きに必要となりますので、
警察へ被害届けを提出した際には、被害届けの受理書を忘れずに受け取っておいてください。
もし語学に自信の無い方や、対応に不安がある場合には加入している海外旅行保険のサポートサービスへ連絡して、アドバイスや通訳などの手配をしてもらってください。
日本へ帰国した後に、盗難や詐欺に合った分の保険金を請求する手続きを行います。

海外旅行保険:旅行日程を変更する場合

一般に海外旅行保険に加入する場合、自宅から出発する日から数えて、
日本へ帰国し自宅へ戻る日までの期間を補償期間として加入します。
しかし海外出発後に海外滞在期間の日程が変更となる事態がおこる場合があります。
万が一海外への滞在期間が延長となった場合には、加入している海外旅行保険会社へ、
どの様な手続きを行っていけば良いのでしょうか?
海外への滞在期間が延長となった場合や短縮する場合には、
できるだけ早めに加入している海外旅行保険の保険会社へ連絡することが必要です。
万が一補償期間が過ぎた場合には、補償期間の延長ができなくなりますので注意が必要です。
もし日本に家族や親族がいる場合には代理人に連絡をしてもらうのも可能です。

「こんな時」海外旅行保険の補償対象になりますか?:携行品

海外滞在先での万一の事故や病気にかかった場合の治療費などをカバーしてくれる海外旅行保険。
海外ではどんな事態がおこるか分かりませんし、治療費や損害賠償の金額がとても高い国もあります。
万が一のためにも、海外へ行かれる際には是非海外旅行保険への加入も済ませておきたいですよね。
ところで海外での「こんな時」海外旅行保険ではどこまでが補償対象となるのでしょうか?
例えば友人から借りたカメラが海外滞在先で盗難にあった場合、一般的な海外旅行保険では「自分の持ち物」ではないために、携行品として扱われません。
そのために海外旅行保険の補償対象外となります。
また、旅先から携行品を自宅に送った時に携行品が破損してしまった場合は、「常に身に付けている」物でない為に携行品として扱われません。
しかし携行品特約に加入しておけば、上記の場合でも海外旅行保険の補償の対象となります。

家族で加入する海外旅行保険の選び方

海外旅行保険への加入を検討する際には、海外へ行く人数や旅行プランによって、最適な補償が確保された海外旅行保険を選んでいくことが求められます。
家族で海外へ行かれる際に加入する、海外旅行保険の選び方のポイントとして、海外旅行保険付クレジットカードが同行者の補償もカバーするのかを確認しておきましょう。
海外旅行保険付のカードでは補償対象とならない場合には、別途、保険会社の海外旅行保険に加入しておくと無駄な補償を抑えることができるでしょう。
特に家族に幼い子供がいる場合には、体調の崩れやケガの可能性を十分に考えて、できるだけ安心できるレベルの補償内容まで海外旅行保険の補償確保しておくことをお勧めします。

海外旅行保険の補償:旅行先での購入物について

海外滞在先・旅行先で、万が一盗難事故や携行品の損害が発生した場合には、海外旅行保険の補償が適用され損害分の料金が給付されることがあります。
では盗難事故にあった携行品の中に、海外滞在先で購入した商品が入っていた場合には海外旅行保険の補償は適用されるのでしょうか?
一般的に知られる海外旅行保険の場合は、かばん・カメラ・宝石・各種チケット・時計などの身の回りの品でしたら、海外滞在先で購入した商品であっても保険の限度額の範囲内であれば補償が適用されます。
しかし、現金や小切手・クレジットカードといった金券類や定期券、コンタクトレンズ、書類などといった品に対しては保険の対象外となり、補償は適用されませんので注意してください。

海外旅行保険の申込書記載方法

海外旅行保険は現在インターネットや海外旅行保険の取扱店舗、または空港などでも加入することができます。
今回は、海外旅行保険に加入する際に記載する申込書の記載方法について紹介します。
まず申込書に記載する際の捺印欄についてですが、海外旅行保険の契約者が個人である場合は申込者の署名が必要となりますが、印鑑の捺印は不要となっています。
但し、法人で海外旅行保険に加入される際には会社印の捺印が必要になりますので注意してください。
万が一申込書の記載に誤りが生じた場合には、訂正する箇所を二重線で消した上に訂正印を捺印し、正しい内容を訂正箇所の上段へ記載しておきましょう。
また申込書に記載する住所や告知事項などの情報は、海外旅行保険を契約する時点での情報を記載しておきましょう。

「もしも」に備えて海外旅行保険に加入しよう

海外へいかれる予定ができたら、海外旅行保険への
加入も忘れずに手続きしておきたいですね。
「今度行く海外は治安も悪くないところだから大丈夫」
なんて考えている方はいませんか?
海外各国の医療事情は、日本の医療事情と全く同じとは
限りませんし、「えっ?こんなのも有料?!」という
ことも珍しくありません。
例えば、日本で病気や怪我で身動きが取れない状態となったら、
救急車を呼んで、病院へ搬送されるのが一般的で、
勿論料金はかかりません。
しかし、海外の国によっては救急車が有料である地域もあり、
意外と高額な料金を支払う可能性も十分にあるのです。
例えば、ニューヨークでは、2万5,000円の料金に、
1マイルにつき600円が加算された料金を支払うことになります。
意外なところで高額な費用を支払うことの無い様に、
もしも」に備えて海外旅行保険への加入しておきましょう。

知ってると便利かも?海外旅行保険会社ならではの特徴

せっかく海外旅行保険に加入するのですから、
海外旅行保険を取り扱っている保険会社ならではの
特徴やサービスについても知っておけば、
有効に活用出来、便利なのではないでしょうか。
また、海外旅行保険を保険会社のサービス面から選んでみるのも
良いかもしれませんね。
例えば、ジェイアイ傷害保険の海外旅行保険に加入すると
海外現地でのイベント情報や、観光情報、天気予報などといった
なかなか手に入りにくい現地の時事情報をファックスで
入手することができるサービスが行われていますし、
東京海上日動の海外旅行保険では、緊急時での
最大1,000ドルまでの現金融資が受けられる特約を
付加することができる特徴があります。
また、損保ジャパンの海外旅行保険は、
保険期間が1日刻みとなっていますので
保険料や保障が合理的になります。

海外旅行保険の選び方:自由旅行の場合

海外への出発が決まったら、是非海外旅行保険の加入も忘れずに準備しておきたいですね。
もし、海外滞在目的が、日本人の観光客が多い、一般的なツアーが組まれているエリアではなく、気象条件の厳しい海外国であったり、観光客があまり訪れないエリアを自由に旅行していく場合には、どの様な海外旅行保険を選んでいけば良いのでしょうか?
パックツアーで巡る旅行ではなく、あえて枠にはまらない自由旅行を希望される場合、滞在目的の海外国によっては、衛生条件や治安のレベルが大きく異なっていきます。
海外を自由に旅行される場合は、補償がセットになっている海外旅行保険よりも、目的地となる国の情報を基にして、バラ掛けで自分だけの海外旅行保険の補償プランを組み立てておかれる方が良いかと思われます。

海外旅行保険の選び方:人気エリアへ滞在する場合

海外への出発が決まったら、是非海外旅行保険の加入も忘れずに準備しておきたいですね。
しかし、海外旅行保険と一口にいっても、留学用の保険だったり、短期滞在用の保険だったりと、海外旅行保険の補償内容や、保険料の種類も様々ですね。
海外滞在先が観光名所だったり、人気のエリアだった場合には、どの様な海外旅行保険を選んでいけば良いのでしょうか?
海外滞在先が、ツアーが多く組まれていたり、日本人の観光客が多い人気エリアの場合、ツアー客を狙ったスリや置き引きなどの被害が数多く報告されています。
また、日本人相手ということで、万が一商品を破損させた場合に、法外な賠償金を請求される可能性もあるようです。
海外滞在先が人気エリアの場合には、携行品や賠償責任の補償が付加している海外旅行保険を選んでいかれることが、望ましいでしょう。

海外旅行保険:インターンシップ保険とは?

海外旅行保険の保険商品の種類のひとつとして「インターンシップ保険」があるのはご存知でしょうか?
海外旅行保険のインターンシップ保険とは、学生が在学中に、企業などから一定の期間中、将来のキャリアに関連して、海外で実務研修を行うインターンシップに対応した保険で、インターンシップを行っている学生に事故が起きた場合に各種保険の補償がなされます。
インターンシップ保険の補償は、インターンシップの活動中である学生で、賃金が支払われていない場合にのみ補償が適用されることとなっています。
インターンシップにて海外へ行かれる場合には海外への滞在期間や、自動車を運転するなどといった条件によっては、インターンシップ保険よりも留学用の海外旅行保険や、駐在用の海外旅行保険の方がより充実した補償を得られる場合もあるようです。

海外旅行保険の選び方:留学目的の場合

海外滞在先での事故によるケガや病気による入院・治療などといった
万が一の事態に備えて、海外へ出発することが決まったら
海外旅行保険に加入しておきたいですよね。
しかし、現在の海外旅行保険は実に様々な種類の保険商品が
販売されてますので、どの海外旅行保険が自分に最適なのか
選ぶのに悩んでしまいますね。
そんな時には、海外へ行く目的や日程などを参照して、
自分に最適な補償のある海外旅行保険を選んでいってみてはいかがでしょうか?
もし、海外へ行かれる目的留学であった場合には、
まずは、留学期間が3ヶ月より長いか短いかをポイントにして
海外旅行保険を選んでいきましょう。
留学用の海外旅行保険商品には、3ヶ月を超える期間でないと
留学生用の特約を付加できない保険商品もあります。
また、家族も海外へ同行する場合には、留学生用の海外旅行保険よりも
駐在用の海外旅行保険を選んだ方が望ましいでしょう。

海外旅行保険の基礎知識:連絡する時の必要事項は

海外滞在先で万が一の事態が発生した場合には、海外旅行保険を契約している保険会社のサポートサービズへ連絡することとなり、その際に、補償対象者(契約者)の必要事項の確認を行っていきます。
そのために、海外旅行保険に加入した際には、契約証や必要事項のコピーなどを持参する必要があります。
では、実際にサポートサービスへ連絡すると、どの様な事項について聞かれるのでしょうか?
一般に知られている海外旅行保険の保険会社では、大体以下の事項について確認業務を行っていくようです。
・海外旅行保険の契約者である人の氏名
・補償の対象となる被保険者の氏名
・契約証に記載されている番号
・契約している海外旅行保険の種類
・現地の連絡先および電話番号
・事故や病気についての状況や症状などの内容

ファミリープランの海外旅行保険は補償対象者に婚約者は含まれる?

海外旅行保険のタイプには、補償対象が契約者のみの
本人プランの他に、家族や夫婦も補償対象となる
ファミリープラン(家族型)などもあります。
新婚旅行や渾然旅行の目的で海外旅行保険への加入を
検討されている方もいらっしゃるかと思いますが
海外旅行保険のファミリープランの補償対象者
婚約者は含まれるのでしょうか?
一般的に知られている海外旅行保険のファミリープランの場合
契約者本人の配偶者、もしくは帰国後に婚姻届を提出される方
であれば、海外旅行保険の補償対象者として認定されますので
婚約者も補償対象であると考えて良いと思います。
しかしAIUの海外旅行保険の場合は、婚約者は補償対象として
含まれませんので注意してください。

こんな時、海外旅行保険の補償期間に含まれる?

海外旅行保険に加入すると、補償の適用される期間として
「海外出発から日本へ帰国するまで」と記載されているかと
思います。
しかし、お住まいの地域によっては、成田空港などといった、
飛行場から距離があるために飛行場の周辺で宿泊することを
余儀なくされることもありますよね。
では、乗り継ぎなどの事情で前泊や後泊が必要な場合には
海外旅行保険の補償期間内として適用されるのでしょうか?
海外旅行保険を取り扱っている保険会社のほとんどは
前泊日もしくは後泊日も保険の補償が適用されるそうですので
海外旅行保険に加入申込みをする際には
日本での宿泊日も含めて、補償期間を設定しておきましょう。
例外として、損保ジャパンの海外旅行保険は、
前泊する日を出発日として申し込みする必要があります。

海外旅行保険の加入方法〜新婚旅行の場合

海外へ出国する目的として、新婚旅行先を海外に
予定されている方が増えていますね。
新婚旅行で海外へ行かれる時にも、事前に
海外旅行保険加入する必要性があります。
しかし、新婦の場合海外旅行保険に加入契約する時に
旧姓である場合もあるかと思います。
その場合、旧姓と結婚後の姓、どちらの名前で海外旅行保険へ
加入契約を行っていけば良いのでしょうか?
海外旅行保険に加入契約する時の加入者の氏名は
旧姓でも新姓でもどちらでも加入することができます。
海外で治療を受ける際はパスポートで本人確認を
行うことになりますので、海外旅行保険への加入の際は
パスポート似記載されている姓名での加入が一般的となります。
また、インターネットで加入される際には、
クレジットカードの名義が同一でなければ海外旅行保険に
加入できませんのでご注意ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。